Words and Feathers

ボカロ・旅行記・夢日記などつれづれに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手厳しい?歌

ひなた春花さまの2ヶ月以上ぶりの新曲キタ!




YouTube版はこちら→『ダイキライ』ひなた春花


この曲を含むひなた春花さまの曲がJOYSOUNDでリクエスト投票受付中です。

今回はタイトルからしてちょっと刺激的!
歌詞もいつになく強い口調で、トゲトゲの言葉が並びます。
「口先ばかり努力はなくて」
「自分のない人は嫌いなの」
なんて「え、自分のことかな?」とグサグサきちゃいます。

でもね、↑みたいなこと言われて「自分は違う」って思う人、
一般人には多分いませんよね。
この女の子は「だからあなたが嫌い」って言ってるわけじゃないと思う。

そんな奴に振り回されてる自分が嫌で仕方ない。
静かな生活に戻りたいの。だから私の視界から消えて。
つまり・・・そういうことなんじゃないかな?

(もちろんこの歌を単体で、男女とか関係なく聴くことも可能だよね)

そして「あなたが思ってるほど・・・」のくだり。
これってもしかしたら男女差があるところかも知れませんが、
女の子は「理想化された自分」に恋されるの、すごく嫌だと思う。
男の子はむしろ「実物より良く思われたい」のじゃないかと想像しますが。

「すごいね」「才能あるね」って言われても。
「強いね」「悩みがなさそう」って言われても。
どれほど悩んで、どれほど迷って、ただそれを出さないようにしているだけ。
それなのに「○○はすごいよな。自分なんか・・・」とか言われたら、
「あんたのことなんか知らないわよ」って言いたくなるでしょうとも。
(いや、音羽と蒼太がそういう関係かどうかは知りませんが。)

いつも「切ない」「はかない」「優しい」世界を作り出すひなたさんから、
こういうキツイ言葉が出てくるのは意外と思った方もいるかも知れませんが、
真剣に創作に取り組んで作品を作り上げるには、強さは必要だと思うのです。
自分の創作の邪魔になるものは切り捨てる冷酷さも絶対に。
どんなに優しそうな声でも、穏やかそうなおっとりした雰囲気でも、
強烈な個性とプライドを持ってる、自我の強い人だろうと思います。
そうでなければ、ほんの一握りしか脚光を浴びることのない音楽の世界で、
競争と不安に耐えて練習と創作を両立することなんて出来ないでしょう。

もちろん彼女としては、そういう作者個人のことでなく、
「作品を見てくれればいい」って気持ちなんじゃないかな。
作品は作品。作者から視聴者個人へのメッセージなどではないのだから。
だからショックを受けた(多分)男性ファンは修行が足りない。
なーんてことを書いて、ひなたさんから
「あたしのことなんて何も知らないのに」って思われたらどうしよう。
\(^o^)/オワタ!
関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

W&F Counter

いらっしゃいませ!

番目のご訪問です☆

Posted Date

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Questionnaire

ブログの感想を教えてね♪          複数選択は連続投票でどうぞ。

コメントは管理者のみ表示です。

Search by a keyword

twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。