Words and Feathers

ボカロ・旅行記・夢日記などつれづれに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【対訳】 ドメスティック・カナリア

この文章はドメスティック・カナリア 英語歌詞の日本語対訳です。
英語歌詞を直訳した場合の内容を示しています。
原作に無い内容原作を意訳した表現が含まれます。

【翻訳裏話】ドメスティック・カナリア

「僕たちの距離は変わらない」
「変わるとしたら きみのせいだ」
さびしいのはぼくの方だ、ときみは言う
孤独なのはぼくの方だ、とぼくは思う

きみが願うなら ぼくが叶えてあげただろう
望むならどんなことでもしてあげたいと強く思った
きみが不器用に嘘をつくときはいつでも
気付いていたけど きみに調子を合わせてた

昨日 きみはぼくの隣にいた
どうして今日はそんなにぼくから離れている?

摩天楼は海に沈んだ
列車は銀河を駆け抜けていた
きみはそれを愛おしそうに見つめていた
きみが 本当であれと願った世界

長い間歩き続けて疲れてしまった」
「もうあの汽車に乗るよ 決めたんだ
「きみはどうする?」ぼくに問い続けている
ぼくは何を言うべきなのか? まだわからない


どうしてきみを汽車から引き戻すことができただろう
でも きみが最後にぼくに微笑んだとき
きみはぼくの言葉を待っていたのだろうか
決してぼくの口から出ることのなかった言葉を

今日 きみはぼくから遠く離れている
明日 ぼくはきっときみを見失ってしまう

名前も言葉もここではいらない
オトもカタチもここでは形作られない
雨上がりの澄んだ空のように
この世界はなんて美しいのだろう

ぼくがきみをひとり置いていったのか?
きみがぼくをこの生に置いていったのか?
ぼくらが別れたあの夜
きみ泣いていたのだろうか?

この世界はぼくらの理想郷
ぼくらのしたこと(そしてしなかったこと)は全て許されている
でも この終わりなく降り続ける雨については
きみが責められるべきなんだ
関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

W&F Counter

いらっしゃいませ!

番目のご訪問です☆

Posted Date

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Questionnaire

ブログの感想を教えてね♪          複数選択は連続投票でどうぞ。

コメントは管理者のみ表示です。

Search by a keyword

twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。