Words and Feathers

ボカロ・旅行記・夢日記などつれづれに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あーわかった!

なかなかコメのつかない私の動画ですが(へへ・・・)、
久しぶりにコメントがつきました。

ナゾトキ・英語で歌ってみた

"Name the person before your eyes!"の部分で、
『before じゃなくて front じゃない?』と・・・。

そうだよな、場所が前であることを表すときは before じゃなくて、
in front of で習ったよな。
なんで私は before にしたんだろう?と思い、調べてみました。

before one's eyes

そうだそうだ、定型表現だから使ったんだった!
あれ、でも待てよ、これ・・・。

例文を読む限り、動詞を修飾する副詞句としてしか使えないんじゃない?
・be directly before one's eyes (beに掛かる)
・supply answers right before one's eyes (supplyに掛かる)

でも私は『the person before your eyes』と名詞に掛けて形容詞的に使ってる。
だからおかしいんじゃないのかな?
もし"Name the person before your eyes."をそのまま訳したら、
『君の目の前でその人物の名前を言え』になっちゃう! おかしい!

ちなみに"Name the person before my eyes."なら文法はおかしくないと思うけど、
『ぼくの目の前でその人物の名前を言え』なので、意味が変わっちゃう。

そうか、この辺が「てにをは」のおかしい外国人の日本語みたいに、
ネイティブが「?」と思うところなのねえ。
ということで、場所が前であることをbeforeで表すことは可能だけど、
形容詞句としては使えそうに無い、というお話でした。

でも"Name the person in front of you!"は、ちょっと語呂が悪い気がするので、
次に作る予定のlong ver.では、別のフレーズを考えようと思います。
きっかけのコメント下さった方、ありがとうございました!
そして間違えて英語覚えてしまった方、ごめんなさい~! /(^o^)\
上の解説を読んで、正しく覚えて下さいね!
関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

W&F Counter

いらっしゃいませ!

番目のご訪問です☆

Posted Date

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Questionnaire

ブログの感想を教えてね♪          複数選択は連続投票でどうぞ。

コメントは管理者のみ表示です。

Search by a keyword

twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。