Words and Feathers

ボカロ・旅行記・夢日記などつれづれに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外からのメール

※昨日拍手コメントを下さった方、返信をさせていただきました。
当該記事の拍手欄をもう一度押して頂ければ、読むことが出来ます。

さて、地震関連での記事はこれで一旦終了したいと思います。
まだまだ被災地で、そして続く様々な事故で、たくさんの方が不安を抱えていらっしゃいます。
そのことを片時も忘れず、というと多分嘘になってしまいますが、
折に触れて考え、行動し、長い期間で支援が出来るようにしていきたいと思っています。

震災後、海外から頂いたメールについてご紹介します。

全て、仕事上でやりとりをしていた方です。
そのまま訳を載せることは出来ませんので、要約でのご紹介です。
(転載はお控えください。)

最初にメールを下さったニュージーランド(NZ)の方。
最初の地震から24時間後、土曜日でオフィスが休みなのに送ってくださいました。

『あなた方の美しい国に起こったこの悲劇をずっと見続けていて、胸が痛みます。
つい数週間前に私たちが地震に見舞われた時、日本が私たちを助けてくれました。
NZ政府だけでなく国民一人ひとりが、日本のために出来ることを何でもするでしょう。
このような衝撃的な出来事を受け止める辛さはよくわかりますが、どうか強くいて下さい。
次に会える時に、この困難を共に分かち合い、亡くなった人々を偲びましょう。』

NZ・クライストチャーチを地震が襲った時、私はこのようなメールを送りませんでした。
オフィスの場所がクライストチャーチでなかったからです。
その街に家族や親類や友人がいたかも知れないのに、そのことに考えが及ばず、
お見舞いの言葉ひとつ書かなかった自分は、本当に浅はかで薄情だと思いました。
同時に、体験したからこその思い遣りのある言葉に涙が出ました。

次はニューヨーク(NY)に暮らす日本人の方。9.11を現地で体験されています。

『テレビをつけっぱなしで見て、本当に涙が止まりません。
(中略:震災による業務への影響について、同僚に説明とお願いをして下さいました。)
私も9.11を乗り越えました。本当に悲しかったです。
皆さんもこの悲しみを乗り越えて、お客様を守って下さい。』

ワールドトレードセンターに旅客機が突っ込む光景は、
離れた国で見ていただけの私にも、大変なショックでした。
住んでいた街が崩れ、人々が犠牲になった様子を見るのは、
言い表せない気持ちだったと思いますが、それがあっての『乗り越えて』という言葉。
仕事に関しても思いやりを持って取り計らって下さって、本当に感謝しています。

最後はユタ州・ソルトレイクシティの方。
震災の前の週に、契約などでメールを交わした方です。

『私のオフィスとアメリカ中の人たちが、日本の一人ひとりのことを考えています。
苦難の時期の日本に向かい、前向きな考えをユタ州から送り続けます。』

たった2度ほど、メールで仕事の遣り取りをしただけなのに、
こんなメールをいただけるとは思ってもいませんでした。
事故や災害のあった場所のスタッフに、お見舞いのメールを送ろうかと思いつつ、
忙しいかな、迷惑かなと思って今まで書けませんでしたが、
このメールひとつで、本当に世界中が心配してくれているんだと思えて、
とても嬉しかったし、心強かったです。
やっぱり迷っても、簡単でも良いからメッセージを送るようにしようと思いました。

実は仕事ではアジア各国のスタッフと、もっと頻繁に連絡をしているのですが、
彼等からは連絡が無かったです。
薄情というよりは、私たちが無事だったことは本社からの連絡でわかっているし、
地理的に被災地とオフィスが遠く離れていることを知っているので、
特に何も言わなかったと思うんですね。遠慮もあると思います。
でも、自分自身でなくても、家族や友人が巻き込まれている場合もありますし、
何かひとこと言ってもらえたら「大丈夫だよ」って言うのに、
何も言われないと「知らないのかな。わかってくれてないのかな」という気になり、
ちょっと心の溝を(勝手に)感じてしまったりするものなんですね。

同情って、同じ気持ちになってみようという思いやりです。
始終同情されては返って負担になるけれど、
最初の言葉は「思いやりを示す言葉」だとほっとするんだな、と思いました。

彼らの思いやりが、被災地の外にいる私ではなく、
被災者の方に届けばいいと思って、ブログに書いてみました。
彼らのような温かい言葉は出てきませんが、私もみなさんのことを想っています。


前回の記事に拍手ありがとうございました。次こそは旅行記にします。
関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

W&F Counter

いらっしゃいませ!

番目のご訪問です☆

Posted Date

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Questionnaire

ブログの感想を教えてね♪          複数選択は連続投票でどうぞ。

コメントは管理者のみ表示です。

Search by a keyword

twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。