Words and Feathers

ボカロ・旅行記・夢日記などつれづれに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上海1日目④

では旅行記を再開します。
前回、南京東路から南京西路まで歩いていった理由ですが、
(じゃじゃじゃじゃーん)←おおげさ

焼き小籠包を食べるためです!

中国に詳しい友人が教えてくれた、上海の美味しい食べ物。
小籠包って蒸したのしか知らなかったです。
そして「ここのも美味しいよ」と言って教えてくれたお店が、
南京西路駅近くの小揚生煎館だったのでした。

南京西路駅の近くまで来て、ぐるぐる回ってお店を探しましたが、
「無いな~」「無いよね~」と友人と途方に暮れました。
実は呉江路という屋台街にあったお店が、南京西路駅上のビルに移転してたのですが、
読んでいたガイドブック(2010年12月発行)で、地図上の位置は新しかったものの、
住所と店の写真が古いものだったので、しばらく発見できなかったという・・・。

という訳で新しいお店の住所と地図はこちらです。
綺麗なビルの2階にあります。英語名はYang's Fried Dumplingsです。

店の前に20名ほど並んでいたので、最後尾に並ぶと、ひとつ前の人が、
「レジでお金払ってきた?」と英語で話しかけてきました。
なんでも、先にレジへ行ってお金を払い、そのレシートを持って並ぶとか。
なるほどー。お礼を言って列を離れようとすると、
「ひとりだけ行って、ひとりは並んでればいいのよ」と。
そっか、それで問題無いんだ! 親切に教えてくれて感謝です。

焼き小籠包は4個で5.5元。昔はもっと安かったらしいです。
でも5.5元って70円以下! 8個食べたら結構満足できる量です。
中国語わからないので、紙に書いてレジとやりとりしました。
しばらく並んで、ようやく注文した焼き小籠包をゲット!
が、今度は食べる場所が無い。お店の中のテーブルは人でいっぱい。
迷ってうろうろしてると、おばちゃんが「こっちへ来い」と手招きして、
席を詰めてくれました。みんな愛想は無いけど親切です。

焼き小龍包

美味しそうでしょう? 美味しいですよー!
小籠包なので、中にあつあつの肉汁が入ってて舌をヤケドします。
包んで留めてある部分を下にして焼くので、そちらはカリカリで固いので、
薄い方の端っこを齧って、スープをズルズルすすって食べるのです。
(・・・みんなそうやって食べてたの!)
めちゃくちゃ美味しいけど、お行儀良くは食べられない・・・。

目の前に座ってた高校生くらいの男子が、
2皿16個をものすごい勢いで食べてたのが、面白かったです。

調べてみたら焼き小籠包のお店、日本でも結構増えているみたいですね。
名古屋にも最近出来てたらしい。今度行ってみたいです。


字ばっかりですみません。次回は上海蟹の予定です。
関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

W&F Counter

いらっしゃいませ!

番目のご訪問です☆

Posted Date

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Questionnaire

ブログの感想を教えてね♪          複数選択は連続投票でどうぞ。

コメントは管理者のみ表示です。

Search by a keyword

twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。