Words and Feathers

ボカロ・旅行記・夢日記などつれづれに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイランド

旅行記の途中ですが、ちょっと休憩。
今からまる三週間くらい忙しくなるので、続きは来月になってしまうかも。
もしかしたら取り止めになるかも、と思っていたバンコク出張が決まってしまいました。
こんな時期に日本を離れるのは気が進まないけど、しょうがないです。

と思ってたら、ミャンマーで地震があってバンコクも揺れたらしい。

ミャンマー東部でM6.8の地震

ますます嫌だよ!海外で被災したくない(泣)

と言ってもしょうがないので、観念して行きます。
で、タイトル「タイランド」について。

これは村上春樹さんの小説で、『神の子どもたちはみな踊る』という短編集の中の一話。

(ここから下はネタバレになります。)

この短編集はもともと『地震のあとで』というタイトルの連作小説でした。
この『地震』とは、村上さんの生まれ故郷を襲った阪神大震災のことです。
もっとも彼自身はあまり帰郷していないようで、この地震も現地で被災してはいません。
登場人物も全て、直接的な被災者ではなかったと記憶しています。(間違いかも)
でも、物語は全てどこかで地震に影響されています。ある時は遠く、ある時は近く。
その中で、重要な位置を占めているのがこの『タイランド』という作品だと思うのです。
いちばん自分の心にずしりときた話でもあります。

国際会議でバンコクを訪れた研究医の女性と、
タイのリゾートで彼女を送り迎えする物静かなドライバーとの、
不思議な心の交流がストーリーの中心です。
こう書くと何やら心温まるお話のようですが、読後感はひんやりしています。

立ち読みでも読める長さのお話なので、興味のある方は是非どうぞ。
そしてそういう方は、この先は読まないほうがいいです(笑)。

物語の最後、ずっと心に隠していた秘密を打ち明けようとした女性に、
ドライバーは諭します。

“Please, Doctor. Don't tell me anymore.(中略)
I understand how you feel,
but if you put those feelings into words they will turn into lies.”

英訳版から引用。原文はもちろん日本語です。
そう言えばこれに似た英語表現を私はこれで使っていました。)

言葉にすると、それは嘘になってしまう。だから言葉にしてはいけない。

何という絶望的な思いやりでしょうね。
私にはあなたを救うことはできない。誰にもあなたを救うことはできない。
その傷は、あなたが独りで癒していかなければならない。だから、誰にも話してはならない。

人は支えあって助け合って生きていくものだけれど、
それでも自分ひとりで対峙しなければならない事柄もある。
それまでも他者に委ね甘えようとすれば、自分自身が偽りとなっていく。
誰かに理解してもらいたいと思いながら言葉にするとき、
必ずどこかで相手に迎合したり、同情を買おうとしてしまう。
そうして認識はどんどん歪められ、違った形で固められてしまう。

その嘘の固まりこそが心に重力を生じさせ、
歪んだエネルギーを蓄えて、やがて大きな振動を引き起こすのだと。
そんなことはこの小説のどこにも書かれていませんが、そう感じました。

さみしい。つらい。わかってほしい。そんな気持ちで人は人を求めるけれど。
でも、さみしい人が二人集まっても、さみしさが増えるだけ。
わかってほしいと思って話しかけても、わかってもらえなくて更につらくなるだけ。

自己への承認欲求を捨てて、なお誰かを愛おしいと思うことができるなら、
少なくともそういう風に誰かを愛せるなら、きっとその人は幸せだと思う。
愛し合うことができたなら、もうそれは奇跡と呼んでもいいかもね。

そう言えばこの本の中に、今自分が仕事している企業名が出てくるのですが、
これを読んだ当時は、もちろん目に止まらなかった一語なわけで、
そしてその仕事で自分がバンコクに行くというのは、とても不思議です。
しかも『地震のあとで』ね。
関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

W&F Counter

いらっしゃいませ!

番目のご訪問です☆

Posted Date

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Questionnaire

ブログの感想を教えてね♪          複数選択は連続投票でどうぞ。

コメントは管理者のみ表示です。

Search by a keyword

twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。