Words and Feathers

ボカロ・旅行記・夢日記などつれづれに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『FUNKASTiC』いまさらのアルバム感想

FUNKASTiC(初回生産限定盤)(DVD付)FUNKASTiC(初回生産限定盤)(DVD付)
(2010/05/12)
スガシカオ

商品詳細を見る

2010年の5月発売のアルバムをずっと聴いてなくて、
今日バンコク行きの飛行機の中で初視聴しました。
通しで数回聴いただけなので、大して詳しいことは書かないですが。
(もともと音楽的な知識は全然無いし。)

タイアップ曲が3曲入っていて、当然それは「キレイなシカオちゃん」なので、
アルバム全体も、いわゆるシカオ的な捩れた曲は少なめと感じました。

私は『PARADE』より後のアルバムをあまり聴き込んでいないのですが、
初期の作品と比べると「自分より若い世代」を意識してるように思います。
サラリーマン生活を経てアラサーでデビューした当時は、文字通り等身大という感じで、
ファン層の中心も同年代だったのじゃないかと。
最近は「自分」じゃなくて「他者」に関心が向いてるのかな。
女性視点の曲がよく入るようになったし。
そこらへんで、前の方が良かったのどうのという話も出てくるのかも知れません。

スガシカオと村上春樹の関係については、この本のせいでどうしても意識します。
先日読んだ雑誌の村上さんのインタビューで、
「以前は一人称で小説を書いていたが、今は三人称になっている。
なぜと言われても、今はそちらに興味があるとしか説明できない」みたいな話があって、
同じような心境の変化が、スガさんにもあるのかもと思ったりしました。

キレイな曲が多いためか、スガマニア的には若干薄味に感じられるアルバム。
『夏色タイム』なんて思わず「ゆずかよ」って突っ込む爽やかさ(笑)。
でもその直後に『軽蔑』できちんと落としてくれるところが流石です。
『軽蔑』はいかにもシカオちゃんな感じの曲で、歌詞だけ読んでもアレな感じ。
(敢えて歌詞のリンクはしないでおきます。)

もしこのアルバムを先に聴いてから、他のアルバムももっと聴きたいと思ったら、
『はじまりの日』と『軽蔑』で比較してみると良いです。
『はじまりの日』が好きな人にはこちらがおすすめと思います。
『軽蔑』を聴いてニヤニヤしながらリピートが止まらない人はこっちが好きなんじゃないかな。
私はもちろん両方とも好きです。

あ、でもどのアルバムにも必ず『軽蔑』的な曲は入っているので、
キレイなのしか無理っていう人は、タイアップシングルだけ選んで聴くのが良いと思います!


いちおうリクエストに答えてみた的な。読んでくださってありがとうございます!
関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

W&F Counter

いらっしゃいませ!

番目のご訪問です☆

Posted Date

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Questionnaire

ブログの感想を教えてね♪          複数選択は連続投票でどうぞ。

コメントは管理者のみ表示です。

Search by a keyword

twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。