Words and Feathers

ボカロ・旅行記・夢日記などつれづれに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セントレアで買ったじゃがポックル食べながら

じゃがポックル

千歳空港とかだと売り切れのこともあるじゃがポックル。
セントレアの国際線制限エリア内の売店だと、簡単に買えちゃうのです。
みんなもっと海外行こうー。

この前のバンコク出張の話。

ホテルにチェックインして、同じ会議の参加メンバーと夕食に出掛けた時に聞いた話。

『ねえ知ってる? このホテルに韓国のアイドルが宿泊してるんだって。
さっきフロントで女の子たちが宿泊させてくれってお願いしてたよ。
でも今日は満室だからねー』
『へえー、なんて人?』
『JYJ』

JYJって誰だろーと思いながら、適当にあいづち。全然知らなかった(苦笑)。
今調べたらこれだったのね。なるほど。

ちょうど私がチェックアウトする日がコンサートの日だったらしく、
出待ちの女の子がロビーで行列作ってて、めちゃくちゃびっくりした。
エレベーター降りたらや○ざの出迎えよろしく並んでるんだもの。

ファンの集団

私が泊まってた場所の2つ上のフロアを貸切で宿泊してたんだそうです。
出入りも普通は地下の駐車場とか、スタッフ用の裏通路とか使えると思うけど、
わざわざ表から出入りしたのかしら・・・?
待ってた人たちが会えてたらいいね。
韓国や日本からもコンサート行ってた人がいるんだろうな。

今月中に海外旅行に出発される方にお願いです。
旅行会社のH.I.S.が被災地に送る水と乾電池を集めています。

「Heart in the bottle」キャンペーン 2011年3月17日(木)~4月30日(土)

日本国内で供給が追いつかず品薄になっている水と乾電池を、
旅行者が海外から持ち帰って被災地に届けようという取り組みです。
出発空港で出国審査後の売店で買えば、機内持ち込み可能です。
また出国審査前に購入した水は、スーツケースに入れてチェックイン時に預ければOKです。
以前にツイートでもつぶやきましたが、対応空港がセントレア・関空・福岡にも拡がりました。
機会のある方は是非、水と乾電池を買って帰国してきてください。

バンコク滞在中も、あちこちで『Save Japan』の募金箱(被災地の写真付)を見かけ、
色んな人からお悔やみの言葉を頂きました。
タイは、発電機を丸ごと日本に貸し出すという支援を表明しています。

タイ発電公社、東電に発電機2基を丸ごと貸与へ

他にも色んな国や都市が日本の被災地への支援を訴えてくれています。

ハワイ Aloha for Japan
NY 日本支援イベント
グアム 復興支援活動

台湾のチャリティー番組で多額の寄付金が集まったのは、大きな話題にもなりました。
また自らも地震で大きな被害を受けたばかりのNZも、すぐに支援を約束してくれましたよね。
これらの場所は日常的に日本人の旅行者が多く訪れる土地で、
現地の方々の多くが観光に関わる場所で働いています。

今回の震災で、経済的に色んな業界が大きなダメージを受けています。
観光業もそうです。被災地自体が大きな観光地だった上に、
メーカー各社は急な生産需要で工場フル稼働になって休みが無くなったり、
自粛ムードで団体旅行がキャンセルになってしまったり。
原発からの放射能を恐れて、海外から日本への旅行客も全く来なくなってしまいました。

震災後、最も早く回復するのは恐らく建設関係。株価も上がっていますよね。
色んな業界の中で、観光業は最も回復が遅い産業のひとつだと思います。
誰でも時間とお金と心に余裕が出来ないと、旅行には行かないもの。
その気持ちはとてもよくわかります。誰も無理強いはできません。

でも、少しでも余裕が出来たら、ぜひ旅行もしてほしいです。
被災地の観光業が復活するには時間がかかるでしょうが、
支援しつつ、早く観光が再開できるように旅行会社各社も頑張ると思います。
でも旅行会社は経営体力に乏しい業界でもあります。
常に人を動かし続けなければ、収入が無い産業だからです。
また被災地支援をしてくれている海外の国々にとって、日本人旅行者は大事なお客様です。

こう書くと「自分の収入のために支援してるの?」と思う方もいるかも知れませんが、
食物連鎖やエネルギーの循環と同じように、経済も循環しています。
今回の支援に少しでも報いようとするなら、その循環を止めてはいけないと思うのです。

既に国内ですら、旅行が無くなったために仕事が無くなってしまった人もいます。
震災と直接関係の無い場所で、失業者を増やし景気を悪化させるようなことは、
被災地の復興の妨げになってしまいますよね。

なので花見も観光も、自分が楽しく、かつ誰かを支えることになると考えて、
どうか自粛しないで続けていただけたらと思います。
旅行会社勤務ではありませんが、観光業のすみっこで生きている人間からのお願いでした。
関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

W&F Counter

いらっしゃいませ!

番目のご訪問です☆

Posted Date

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Questionnaire

ブログの感想を教えてね♪          複数選択は連続投票でどうぞ。

コメントは管理者のみ表示です。

Search by a keyword

twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。