Words and Feathers

ボカロ・旅行記・夢日記などつれづれに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

細江神社参拝記

ようやく出張続きの2週間が終了しました。何も無ければ、次回は上海旅行記再開します。

仕事で静岡に行ったのですが、是非行こうと思っていた場所がありました。
地震厄除けの信仰がある、細江神社です。

地震厄よけ 細江神社 津波伝えるご神体

こんな時だけ神頼みでは虫が良すぎるというお話ですが、
続く余震が少しでも鎮まってくれないかという思いで、出かけてみました。

細江神社の起源に関する情報はこちらで。

もともと浜名湖の別の場所にあった神社が津波によって水没し、
御神体が流れ着いた場所にお社を建てたのですが、また津波に遭い(!)、
再び流れ着いた場所に現在のお社を建てたということ。
二度の津波を乗り越えたことから、地震の災厄を除けると信じられているそうです。

最寄り駅は天竜浜名湖鉄道の気賀駅。
単線のローカル列車が、のどかな田舎を走っていきます。
沿線は桜・菜の花・野茨・たんぽぽと花盛りで、お天気も良くて遠足気分でした。

気賀駅

気賀駅から神社までは徒歩5分ほど。
特に地図や案内表示は見当たらないので、事前に道は確認する必要があります。
こんな時だし、参拝の方が結構いるのかしらと想像していましたが、誰もいませんでした。

細江神社

神社の前の道路から撮影。
ちょうど道がカーブする手前に横断歩道があって、
カーブの向こうから車が結構なスピードで走ってきます。
もし参拝に行かれる方は、右手からくる車に気をつけて下さいね。

夫婦楠

シャガ

参道の途中にある楠の大木。二株が繋がっているため夫婦楠と呼ばれています。
根元のほうに著莪(シャガ)が咲いていました。なぜか神社でよく見かける花。

細江神社拝殿

境内は本当に静かで、誰もいませんでした。
田舎町の小さなお社ですから、大勢でごった返しても神様がびっくりすると思いますけどね。

お稲荷さんへ続く鳥居

拝殿の左右にも幾つもお社が並んでいました。これは天王稲荷神社への赤鳥居。

ロジカリズムクラスタのみなさんが、そしてその大切な人達が、全員この震災から護られてありますように。

大切な人たちが無事でありますようにと心からお祈りして、絵馬に願いを書いて納めました。
日本中が地震の災害に遭わないでほしいとお願いするべきかも知れませんが、
私の弱々しい信心では、これでも欲深いお願いごとのような気がします。
またお参りに行きますので、どうか叶いますように。

お御籤も引いてみました。小吉ですが、願い事は思いのままだそうです。
他人の世話をよくしなさいとのことなので、そう努めます。

駅舎と桜吹雪

晴れていましたが少し風が強く、線路沿いの桜の花吹雪が綺麗でした。
駅のそばに保育園があるのか、ピアノと子供たちの歌声が聞こえてきました。
本当に穏やかな春の午後でした。どうかこんな日が早く被災地にも訪れますように。


読んで下さって有難うございました!
関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

W&F Counter

いらっしゃいませ!

番目のご訪問です☆

Posted Date

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Questionnaire

ブログの感想を教えてね♪          複数選択は連続投票でどうぞ。

コメントは管理者のみ表示です。

Search by a keyword

twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。