Words and Feathers

ボカロ・旅行記・夢日記などつれづれに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上海2日目②

では豫園の中に入りまーす。大人は30元です。
入る前は人がたくさん溢れていますが・・・、

人大杉

中に入ると静かです(笑)。お金出して入るのは外国人が多いみたい。

仰山堂

庭園は広くて建物がたくさんあって、迷路のようです。商城の喧騒が嘘みたいに静か。

積玉水廊

孔雀の彫り物

前回書きましたが、これは明代の役人が自分の父のために造った庭園です。
役人って、お金持ちなんですねえ。

書斎

これが書斎だそうです。
書斎といえば、全国のお父さんが家を建てる時に抱く夢の城ですが、
(そして大抵は奥さんに反対されて涙を呑むのですが)
中国の役人さんは、こんな広々豪華な書斎を手に入れているのですね。
さすが大陸です。

屋根の上の戦い

何だか屋根の上にも凝った飾り物が。
手前の龍の頭は『龍壁』と言って、壁の上に這わせてあります。
豫園では全部で5箇所あるとのことで、つい探してしまいますね。

龍壁

こっちの龍壁は何だか表情が面白い。
園内は池や島があるだけでなく、高低差もあり、ダイナミックです。

坂道

大体通り抜けるのに、写真撮りながらうろうろしてると小一時間でしょうか。
もっとさっさと通り抜けることは可能ですが、せっかくなのでのんびり歩いて楽しみました。

ちなみに園内で「チケット持ってる人はお茶が飲めますよ」と日本語で誘ってくる係がいます。
最初の一杯は無料ですが、その時に茶葉の説明を色々とされます。セールスです。
私たちの時は「次のお茶試してみるか?そこからは有料」と聞かれて、
「いらない」と答えたら「じゃあここまで。終わり」と言って、あっさり終わりました。
でも「いらない」と言えないタイプの人は、連れて行かれる前に断ったほうが無難かも。
お茶を買っても良いですが、外で買うより少々高めと聞きました。
お茶以外にも、園内のあちこちにお土産屋さんがありますが、
商城よりも静かなので、外国人には見やすいかも知れないです。
(値段はやはり高めらしい。)

時間とお金に余裕があれば、一度は入ってみて損は無い場所と思いました。


読んでくださって有難うございました! 次回は南翔饅頭店の小籠包です。
関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

W&F Counter

いらっしゃいませ!

番目のご訪問です☆

Posted Date

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Questionnaire

ブログの感想を教えてね♪          複数選択は連続投票でどうぞ。

コメントは管理者のみ表示です。

Search by a keyword

twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。