Words and Feathers

ボカロ・旅行記・夢日記などつれづれに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それは傷つかなければならない

私は、服に関しては安物も着る、というか安物の方が多いですが、
靴に関しては、そこそこ高価なものにしています。
仕事で履くのは、今はふたつのメーカーのものだけ。

簡単に伸びたりせず、重心がぐらつかない靴を探すなら、
きちんとしたメーカーのものから探すほうが、見つかりやすいのです。
もちろん、運良く安物の中からピッタリの靴が見つかることもありますけど。

でも高価な分、新品の靴を履くときは緊張します。
歩いてて、階段を踏み外してヒールに傷つけてしまったり、
かかとの内側で、反対側のかかとを擦ってしまったりするので。

で、傷がついてしまうと「あー、やっちゃった」と思うのですが、
それで開き直ってガンガン履きはじめると、
ようやく靴が足に馴染んできたりするんですよね。

履くためには、靴は傷つかなければならない。

もし人と人との関係も、いったん傷がついてから仲良くなれると思えるなら、
それは素敵な考えだと思うんだけど、
靴は傷つけられても黙って履かれてくれるけど、
相手が人間では、そうもいかないからね。

そんなことを、新品のサンダルを履いて買い物に行った先のスーパーで、
ぼんやり考えたりしてました。

もし私が靴なら、簡単に壊れたりぐらついたりしない、
しっかりした靴であれたらいいのにと思う。
それで誰かを支えたいと思うのに、実際には重さに耐えられなくて、
ぐらぐらしちゃっているのです。


読んでくださった方、拍手してくださった方、有難うございます!
関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

W&F Counter

いらっしゃいませ!

番目のご訪問です☆

Posted Date

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Questionnaire

ブログの感想を教えてね♪          複数選択は連続投票でどうぞ。

コメントは管理者のみ表示です。

Search by a keyword

twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。