Words and Feathers

ボカロ・旅行記・夢日記などつれづれに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fatalistic Love Curse / アクアリウム・フィッシュ

ひなた春花さまの新曲が投稿されていました! カオルくん!



以下、ロジカリズムをご存知でなければ意味不明のお話になります。
また作品世界全体のネタバレ(?)を避けたい方は、ご注意ください。

♪人に媚びるくらいなら 死んだほうがマシです
群れて吠え続けるより ひとりで泥水啜るよ♪

のっけから全開でキツイです先生!
あの可愛らしい声でサラッと歌われちゃうと、苦笑いしかできません(苦笑)。

音楽的な分析は出来ないけど、印象だけで述べれば、
落ちる・ダイキライ・恋するパラノイアあたりと繋がるような気がします。
(誰か解析してほしいな)

そして動画に登場するキャラクターは、カオルくんと音羽ちゃん。
カオルくんはロジキャラ紹介で「おおらかでお調子者」って書かれてたから、
素直にそう信じてたのに・・・まさかの深神系とは・・・。
おかげでいきなり彼の好感度があっぷしました。←

以前ハルカbotのつぶやきで「カオルは音羽の絵が好きだった」と言っていたので、
カオル→音羽というのは、あり得るセンとは考えていましたが、
音羽が見てるのは兄の友人だと予想してます。
なのでこの二人は、ぼくピにおけるハルカと秋桜みたいなすれ違いじゃなく、
前へならえ的な片想いの連鎖だろうと推測します。

ロジカリズム的世界にあっては、誰の想いも実らない法則があるようです。
貴重な両想いの成宮さんとこおりちゃんは、事故によって引き裂かれてしまうし。
ハルカと秋桜ちゃんは、ずっとすれ違ってばかりだし。
蒼太と緋色ちゃんは、お互い遠慮しているうちに時空に阻まれてしまうとか。
残りの人たちは、ほとんど片想いに苦しむと同時に、
自分の背中に向けられる視線に全く気付かないという。

まるで童話の「金のがちょう」のように、
誰かを想って憂う彼・彼女から視線が離せなくなり、
そうして想っている自分に、また誰かの視線が貼り付く。
世界は片想いの一方通行ネットワーク。

もし、あの人が振り向いてくれたら?
「振り向いて」と背中に声を掛けることが出来たら?

でも、ここにもうひとつの呪いが掛かってる。
恋に落ちたが最後、二度と素直な言葉が出なくなってしまう。
その背中に向かって掛ける声は、既に失われてしまっている。
地上で暮らすための二本の脚と引き換えに、声を失った人魚姫のように。

♪笑ってしまうくらい不器用でさ きみの顔も思い出せない♪

そりゃそうだよ、だって背中しか見えてないんだもの。
宿命的な愛の呪いに妨げられて、彼らはいつまでも幸せになれないまま。
一体誰が、こんな呪いを掛けたのでしょう?

さあ、犯人はだあれ?

それはもちろんひなたさん!
関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

W&F Counter

いらっしゃいませ!

番目のご訪問です☆

Posted Date

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Questionnaire

ブログの感想を教えてね♪          複数選択は連続投票でどうぞ。

コメントは管理者のみ表示です。

Search by a keyword

twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。