Words and Feathers

ボカロ・旅行記・夢日記などつれづれに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再現不可能性の意味するもの / 消えてゆく、君の歌声

まだ残暑だけれど、ほんの少し秋の気配がしますね。
そんな夜におすすめの一曲。



作詞・作曲・動画 ブンガP

ブンガPさんは、民謡や神話など民俗学に造詣の深い方みたいで、
アジア各国にフィールドワークに行ったりしてるみたいです。
(詳しくは知りませんが)
そういうことが、この音楽にどのように影響しているのか、
私にはわからないけれど、心に響く美しいメロディと切ない歌詞。

エフェクトで入っている虫の鳴き声のように、
いろんなものが、世界から失われていきます。
自然だけでなく、文化や社会生活の面でも、
また個人的な事柄においても。

私が生まれる前から存在していたのに、消えてしまった何か。
私とある時間を共有したのに、消えてしまった誰か。

記録媒体が高性能化して、いろんなものを撮影し、
録画・録音することができて、
そしてそれを、ホンモノのように再生することができる現代。

でも、その時間そのものを再生することはできません。
その場の温度や、光や、匂いや、空気の震えや、
人間の感覚器が自覚的に判別できるより、もっと微細な何かが、
身体や精神にどれほど影響を与えているか、まだ解明はされていません。
まして、無意識に蓄積されるそれらの情報が、
「私」という個体をどのように形作っているのか、誰にも想像もつかないでしょう。

「あなた」の歌声を記録することはできても、
聴き易くするために処理をした、わずかの空気の震えの中に、
あなたの心が混じっていなかったと、誰に言えるでしょう?

「生きた声」でしか、伝えることのできない何かがあるとして、
それを、言わば「死んだ声」であるボーカロイドに歌わせることが、
この歌の哀しさを一層増しているような、そんな気がします。
作者の方が、そういう考え方をしているかどうかは別として。


読んでくださった方、拍手してくださった方、有難うございます!
関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

W&F Counter

いらっしゃいませ!

番目のご訪問です☆

Posted Date

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Questionnaire

ブログの感想を教えてね♪          複数選択は連続投票でどうぞ。

コメントは管理者のみ表示です。

Search by a keyword

twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。