Words and Feathers

ボカロ・旅行記・夢日記などつれづれに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そーふぁみ・そ・ふぁ・み・れ♪

音楽教室の見学に行ってきました!
コースは大人の音楽レッスン・ポピュラーピアノのグループレッスン。
開始時間の10分前に受付に行きました。

な  『すみません、レッスン見学の申し込みしてた者ですけど』
受A 『(研修中の名札付けてる)え、えっと、あのあの・・・』
受B 『(机の横に貼り付けてたメモをAに渡す)これこれ』
受A 『あ、はい・・・えっと・・・』
受B 『お時間が来ましたらお呼びしますので、しばらくお待ちください』

なぜそんなに緊張してるのかしら、受付A嬢・・・。
ロビーで座って待ってると、A嬢がまた緊張した面持ちで、
『そ、それではご案内します・・・』とやってきました。

ロビー奥のグループレッスン用教室に入ると、
アップライトピアノと、5台の電子ピアノ。
電子ピアノのメーカーは自宅のと同じだけど、ボタンがずらずら並んでて目が@_@状態。
先生が簡単にレッスン内容の説明をしてくれて、生徒さんを待ちます。

・・・が。

先 『こないわねえ』
な 『そうですね』
先 『せっかく見学に来ていただいてるのに・・・』

このレッスンは2人生徒がいて、うち一人は今日はお休みの連絡があったとか。
もう一人は来る、はずだけど来ません。

先 『もう来ないからレッスンしちゃおっか!』
な 『え!? いいんですか?』
先 『だって申し訳ないから』

という感じで、見学のはずが体験レッスンに変わってしまいました!
やばい、どうせ見学だけだからと何も鍵盤触らないまま来ちゃってるので、
爪も伸びてるし、指が動かないよ/(^q^)\

テキスト渡されて『これ弾ける?』てな感じでレッスンスタート。
弾けないよお・・・。
でも楽譜に書いてあるものは、練習すれば一応は弾けるけど、
これはポピュラーピアノなので、コードで伴奏作ったり、
リズムを取って弾くのも大事なのでした。
コード、超苦手・・・というか勉強したことないし。
クラシック習ってた時は、身体揺らして弾いちゃダメって言われてたし。

先生いわく『生徒は皆さんお仕事されてるから、どうしても来られない日もあるし、
練習できてないからって叱ったりとか、そんなことはないですよ。
もちろん上達はしてほしいけど、楽しんでやるのが一番なので。
怪我で片手しか弾けない人もいるけど、じゃあもう片方のパートだけやろうって感じで。
私がクラシックの堅苦しい感じが苦手だったから』

そっかー。今からやるんだったら、それでもいいのかな。
なんとなく、子供の頃のクラシック系のレッスンの癖で、
ついつい自宅で弾こうとすると、ハノンから・・・とか構えちゃうけど。
もちろん綺麗には弾きたいし、技術も伸ばしていきたいけど、
まずはピアノに向かう時間を増やさなきゃだし、それには楽しいことが大事だよね。

たなぼたで体験レッスンをさせてもらえて、終了後に受付へ。

受C 『(こちらも研修中)お疲れ様でした・・・』
な  『・・・(勧誘を待っている)』
受C 『・・・あの何か』
な  『えっと、レッスン料のこと説明されてなくて』
受C 『あ・・・(わたわた)えーっと、こちらのコースは・・・』たどたどしい説明。
な  『そうですか、わかりました』
受C 『・・・(また無言)』
な  『・・・じゃあ、また考えて連絡します』
受C 『お待ちしております。ありがとうございました』

なんでそんな心底ほっとした顔してるの、受付C嬢・・・。
そのまま入会しても良かったのに、なんか帰ってきちゃったよ!
まあいいや、今度のお昼休みに申し込んでこよ(笑)。


読んでくださった方、有難うございます!
関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

W&F Counter

いらっしゃいませ!

番目のご訪問です☆

Posted Date

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Questionnaire

ブログの感想を教えてね♪          複数選択は連続投票でどうぞ。

コメントは管理者のみ表示です。

Search by a keyword

twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。