Words and Feathers

ボカロ・旅行記・夢日記などつれづれに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れちゃいけないこと

先日の三連休はマカオに行っていました!

※マカオが全然わからない方のためにリンクつけたお(・ω・)

そのうち例によって旅行記も書きますが、今回はツアーだったため、
今すぐ書くと参加者にばれそうなので、時間差で(笑)。
そう言えば、前回の美術館探訪も終了してないじゃないの・・・。

話は変わりまして、タイの洪水のお話。

タイの首都・バンコクから北に60kmに位置するアユタヤ県が、
この夏に降り続いた雨の影響で川が氾濫し、大変な洪水の被害を受けています。

アユタヤって、世界史で習う「アユタヤ王朝」の首都があった土地で、
世界遺産「古都アユタヤ」として登録された遺跡群があり、
観光で多くの人が訪れる町です。

そして日系企業含め多くの工業団地がある場所でもあります。
文化的にも、産業的にも、とても重要な町なのです。

洪水被害に関する報道は、日本のメディアでもあるのですが、
どうも「日系企業の工場が水没・稼動停止」という切り口ばかりで、
なんだか寂しくなります。
もちろん!ビジネスにとって、あそこにある工場が大事なのはわかってますよ。
それが今後の日本やアジアの経済に及ぼす影響も。

日本でも先月、紀伊半島で大規模な洪水が起きましたが、
あのような山地での被害とはまた異なり、平地での浸水被害はなかなか水が引きません。
工場が閉鎖となれば、現地で雇用されている人たちは職を失います。
ある記事によれば、10万人が失職する恐れだとか。
また遺跡群にも被害が及んでいる上、道路も寸断されているので、
観光による収入も途絶えてしまいます。

タイって、バンコクでこそ高層ビル群があり、大型ホテルがあり、
大都市となっていますが、人々の生活は物質的には日本ほど恵まれていません。
熱帯の国だから、そこまで蓄えが無くても何とか生きていけるのだと思うけど、
バンコクに住んでいる人でも、平均月収は日本人の1/8~1/10くらいらしいです。

8月12日の記事にも少し書きましたが、福島原発事故の影響で電力不足となった日本に、
タイは発電設備を無償で貸し出してくれています。
また東日本大震災の直後、タイとしては異例の5億円以上の災害救助予算を決めました。
私は4月にバンコクを訪れましたが、あちこちで義援金募集が行われていました。

あの時、日本の被害の様子を見て、世界中の人々が日本人を心配してくれました。
その後の福島原発事故問題で、日本政府や企業の対応についての非難はあったけれど、
あの震災で命を落とした人、大切な人や財産・仕事を失った人の悲しみに寄り添って、
励まし助けようとしてくれた人々の気持ちに嘘は無いと思います。

ある記事で、洪水で亡くなった方は240名ほどだと読んだ記憶があります。
その不確かな数字以外では、タイの人々の実際の声や、今の生活がどうなっているのか、
日本語の記事からなかなか伝わってきません。
家や仕事を失った人は、今どうしているのでしょう?
飼われていた家畜や、野生の動物たちはどうなったのでしょう?
彼らの生活は、この後どうなっていくのでしょう?

タイの人々の収入は、日本人よりも遥かに少ないです。
ということは、日本人にとっては少しのお金でも、
タイの人々を助けるには、大きな力になり得るということです。

タイにおける洪水被害への義援金募集のお知らせ

いつかまた、アユタヤに観光に行ける日が来るように、
日本からも出来ること、きっとあると思います。
関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

W&F Counter

いらっしゃいませ!

番目のご訪問です☆

Posted Date

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Questionnaire

ブログの感想を教えてね♪          複数選択は連続投票でどうぞ。

コメントは管理者のみ表示です。

Search by a keyword

twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。