Words and Feathers

ボカロ・旅行記・夢日記などつれづれに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほほえみのくに

小説更新しました。「ノーラン・フェムの伝記」:最初から最終更新分

猫のお話はこれで終わりです。

10月14日の記事に書きましたが、タイで洪水被害が拡がっています。
日系その他企業の状況についてのニュースはあるけど、
現地の方々の生活がどうなっているか、よくわからなかったのですが、
ロイター通信で写真特集がありました。

Flooding in Thailand

大変な状況なのはわかるのですが・・・何だか不思議な写真たち。
冠水した道路で水遊びする子供たちや、投網で魚を捕まえようとする人。
まるで温泉につかるように、リラックスして水に浸かっているおばさん。
見ているこちらが和まされてしまうくらい、表情が明るい。

日本のように山がちな地形で起きる洪水とは違って、
奥地で降った雨で溜まった水が、ゆっくりと川下へ流れていって、
じわじわと下流の水量を増していくようです。
川の外も平原なので、ただ、じわあっと水が町に拡がっていく。
だから、水に浸かっていても流される心配は、あまり無いのかも。
それに熱帯だから、水に濡れても寒くはないし。

でも平原ということは、なかなか水がはけてくれないということ。
事実、一週間以上前にアユタヤを浸水した水が、
ようやっとバンコクに到達して、洪水を引き起こしています。
(しかも、それが『予想より早く』!)
アユタヤも、まだ水に浸かったままようですよね。
日本なら、雨が止めば、やがて洪水も終わってしまうのに、
こんなに水に浸かったままでは、復旧作業もままならないでしょう。
衛生状態も心配になります。

タイの人たちが明るく微笑んでいても、被害は甚大です。
発展する都会や、観光で賑わう街の生活の裏で、
農村部では、貧しさから人身売買も行なわれているという国です。
(そしてその子供たちが、観光客に買われているのですよね・・・。)

少しでも早く洪水が治まり、元の暮らしに戻れますように。
景気後退が最小限で食い止められますように。

タイ政府:タイにおける洪水被害への義援金募集のお知らせ
ファミリーマート:「タイ洪水被害義援金」募金実施のご案内
楽天銀行:タイ洪水の義援金について
国際協力NGO:タイ洪水 緊急支援募金のお願い
ソフトバンク:東南アジア水害支援金プロジェクト

あまりメディアで呼びかけていないので・・・。
もし募金窓口を探していたら、上記を参考にしてみてください。


読んでくださった方、拍手してくださった方、有難うございました!
関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

W&F Counter

いらっしゃいませ!

番目のご訪問です☆

Posted Date

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Questionnaire

ブログの感想を教えてね♪          複数選択は連続投票でどうぞ。

コメントは管理者のみ表示です。

Search by a keyword

twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。