Words and Feathers

ボカロ・旅行記・夢日記などつれづれに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【反省会場】 ドメスティック・カナリア 英語替え歌

とりあえず深神さんの誕生日に記事にしてみました。



作詞・作曲 ひなた春花さま
イラスト きゅうりが好きな河童さま

もう投稿してから一ヶ月以上経ってしまいましたね。
ひなたさんのお誕生日に合わせるつもりで、耳コピはずいぶん前に取り掛かっていましたが、
途中「まだまだ時間があるなー」と余裕のつもりでいたら、
結構ギリギリな感じになってしまいました。
一番苦労したのは、ピアノをきちんと録音する方法だったという(苦笑)。
電子ピアノからPCにつなげれば簡単に出来る!と思っていたのに、
やってみたら音割れ・音抜けのスカスカになって、「なんで!?」と慌ててたり。
結局シンプルなオーディオ・インターフェースを購入して接続したら、綺麗に録れました。

この歌詞の翻訳は一年前、原曲の動画が投稿された直後にやっていて、
その時は無謀にもアカペラで歌ってみたりしました。
(伴奏音源も楽譜も公開されていなかったので)
一発録りだったので、歌いはじめと歌い終わりでピッチが半音以上下がってた(笑)。

その後、ひなたさんが『ドメスティック・カナリア⇒ぼくにピアノを弾かせて』のつなぎ部分を、
ピアノで弾いて教えて下さったのですが、その響きにすごく感動したのです。
そこだけ真似して弾いているうちに、どうせなら全部弾きたいなと思い、耳コピを始めました。
私には、素早く流れる和音を記憶する能力が無いので、
歌入りの音源をゆっくり・繰り返し再生(時には一音ずつ)し、ピアノで和音を確かめながら、
五線譜に書いていきました。

ただ「綺麗な響きだなあ」と聴いていた音たちが、
どのような重なりで完成されているのか解き明かすのは、
まるでナゾトキのようで楽しい作業でした。
そうして、一通り弾けるようになった時の喜びも。
もちろん、ひなたさん自身の演奏には比べるべくも無い、
ぎこちないドタドタ演奏ですけど、気分だけ。

弾いていて気付いたこと。
2番サビ→Cメロの間の間奏の、和音の展開で上昇していく部分。
あれは、ぼくピの間奏(歌いだし→1番Aメロと、1番サビ→2番Aメロの部分)の
バリエーションなのですね。
ドメカナ原曲の動画の該当部分で『ぼくピに聞こえる』というコメントがあったので、
ちゃんと聞くだけでわかる人はわかるんだ。

イラストはpixivで見つけたシンプルな切り絵風の作品を使わせて頂きました。
使用のお願いをしたら大変こころよくお返事頂いて、嬉しかったです。
毎回あっぷした後で、間違いを見つけたりするのですが、
今回も例外なく間違えてました。ああ・・・orz

この歌の英訳歌詞対訳の部分は、以前ブログで公開していたものの、
思うところがあって非公開にしていましたが、
動画も投稿したことなので、再公開しました。
私の英訳は原作に対する誰得のファンレターのようなものなのですが、
もし楽しんで頂けたら嬉しいです。

それでは深神さんHappy Birthday! & 皆様Merry Christmas!


読んでくださった方、聴いてくださった方、有難うございました!
関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

W&F Counter

いらっしゃいませ!

番目のご訪問です☆

Posted Date

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Questionnaire

ブログの感想を教えてね♪          複数選択は連続投票でどうぞ。

コメントは管理者のみ表示です。

Search by a keyword

twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。