Words and Feathers

ボカロ・旅行記・夢日記などつれづれに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

離れて初めて見える場所 / アルバム『フローリアの箱庭』

このカテゴリで投稿するの久しぶりかも。
あれも、これも書きたいなあと思っていますが、まずはこちらから。



音楽:nanami
アートワーク:7:24

昨年の11月に発表された、ナナミPさんのアルバム『フローリアの箱庭』です。
12月に秋葉原に行ったとき、店頭の最後の一枚を手に入れてしまいました。
(通販はまだあるみたいです。)

ナナミさんの音楽は、いつも優しい音色がします。
彼女はアルバム・アーティストタイプというか、
ニコ動で単体で発表される時よりも、こうしてアルバムで聴く方が、
ずっと音楽の魅力が増してくる感じがします。
ひとつの音楽と、別の音楽の間に、明らかなつながりは無いのだけれど、
(少なくとも、それを前面には押し出していないけれど)
集めて聴くと、少しずつ色の違う微細な光が絡み合って、
何とも言えない柔らかな灯を点すような、そんな繊細さが素敵です。

そこに明白な物語やメッセージ性は無くても、
そっと心に伝わってくるものがあります。
もし一度聴いてわからなくても、繰り返し聴けば、きっとわかるはず。

例えばこの歌は、単体で聴いてもとても素敵ですが、
アルバムを通して聴いてみると、もっとはっきりと響いてきます。



箱庭の中はとても素敵で、居心地が良かったけれど、
もう出て行かなければならなかったのです。
少女は、そっと胸に箱庭をしまって、外の世界へ出て行きます。
失楽園ではありません。追われたのではないのです。

そうして箱庭を出て、少し離れた場所から見て初めて、
その時間の意味に気付くものなのでしょう。

きっと、これから出会う人々もまた、その胸に箱庭を大事にしまっています。
私がそれを知ることは永遠に無いとしても、同じように。

どうか、あなたにも素敵な旅を。


読んで下さって有難うございました!
関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

W&F Counter

いらっしゃいませ!

番目のご訪問です☆

Posted Date

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Questionnaire

ブログの感想を教えてね♪          複数選択は連続投票でどうぞ。

コメントは管理者のみ表示です。

Search by a keyword

twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。