Words and Feathers

ボカロ・旅行記・夢日記などつれづれに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ココロとコトバ その2

4月1日の記事の続編的な感じ?
随分以前のものですが、こんなCMがありました。



英会話学校のCMです。
仮定法過去について習った生徒が、海に向かって『I wish I were a bird!』と叫びます。
これをTVで観てたときには、何の違和感も感じませんでしたが、
今思い返すと、ちょっと何かが違う気がします。

I wish + 仮定法過去というのは、
『現在の事実とは異なる状態に対する願望』を表現する英文法です。
だから『鳥だったら良いのにな!』と、彼女は叫んでいる訳です。

※仮定法については、このへんを参考にして下さい。

しかし彼女の明るい表情、希望に満ちた声から、
彼女の頭にあるのはむしろ『鳥(のように自由)になりたいなあ!』という感情ではないかと、
そういう気がするのです。

確かに、人間は鳥ではありません。そして、生物学的に鳥になることは不可能です。
ですから、『鳥になる』というのは現在の事実とは異なる状態を願っています。
しかし恐らく、本気で生物学的に鳥になることを願う人間もいないでしょう。
あくまで『鳥のように自由になりたい』、
もしくは『鳥のように空を飛びたい』という比喩なのです。

鳥にならずとも、自由になることは現実に可能です。
また、鳥に近い状態で空を飛ぶことも可能だと思います。
しかしそれを、仮定法過去(=現実には不可能な仮定)として表現するのは、
どのような状態でしょうか?

例えば『現実に一切の自由が無い状態であり、そこから自由になりたいと願っている。
しかし、それは不可能である』ということではないでしょうか。
あるいは、何か檻のようなものに閉じ込められていて、
外出の自由が無いので、鳥になって飛んでいきたいと願っているのでしょうか。
あと少し状況が深刻になったら『I can fly!』と叫んで、飛び降りてしまうかも知れません。

日本語の表現を見れば理解しやすいと思いますが、『~だったら良いのに』という願望には、
あまり前向きな希望・期待はふさわしくないと思うのです。
どうやっても変更不可能な現在の事実に対する未練がましい願望とか、
あるいは、ものすごく努力をすれば可能かも知れないけど、あまりにも辛いから一足飛びに、
『~だったら良いのになあ』とため息をついている状態だろうと感じます。
または、もっと軽く『~だったら良かったけどね、ま、しょうがないね』的な、
後ろ向きな気持ちの表れだったり。

CMの彼女は習いたての英文を嬉しげに使っていますが、
『I wanna be a bird!』とか(現在形である以上、鳥は比喩表現として認識されます)、
『I wanna fly like a bird!』 もしくは 『I wanna be free like a bird!』とか、
そういう表現を使うべき感情と、I wish + 仮定法過去の文法をリンクさせてしまっています。
せっかく覚えた文法が、効果的な感情表現に結びついていないのです。

I wish + 仮定法過去完了が表すのは、もっと気軽な願望もあります。
なぜなら、過去は(どんな些細な事実でも)既に変更不可能なことだからです。
過去に対して何かを望めば、それは全て変更不可能な事実に対する願望になります。
『朝ごはん、ちゃんと食べてくれば良かったな』でも、
『あの日、彼女にきちんと僕の想いを伝えることが出来ていたなら』でも、
文法上の時制は同じです。
内容の重さに天と地ほどの違いがあったとしても。

しかし、I wish + 仮定法過去が表す願望には、
常にため息まじりの雰囲気がつきまとう気がします。
もちろんこれは、私の個人的な感じ方かも知れませんが。

私には、『I wish + 仮定法過去=切なさ・諦めの表現』という図式があるので、
そういうやるせなさの表現として、この文法を使うことが多いです。
文法的知識に感情を伴わせること、それが文章表現ということですよね。
そういうポイントを理解すると、英文法を学ぶのは楽しくなるし、
英語で何かを書くのも、ずっと自分の気持ちに沿うようになってきます。

逆に、文法に破綻が無くても、発音がネイティブのように流暢でも、
自分の気持ちを表現できていない言葉では、相手の心にも響かないのでは?

もし私が英語の先生だったら、そういう風に教えるのになあ。
I would teach in that way if I were an English teacher.

I wish + ではないので、ただ単に『現在の事実に反する仮定』の上で、
自分の考えを述べただけです。
ここには、切なさはありません。よね?


読んで下さった方、拍手して下さった方、有難うございました!
私は英語の専門家ではないので、間違っていたらごめんなさい。
関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

W&F Counter

いらっしゃいませ!

番目のご訪問です☆

Posted Date

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Questionnaire

ブログの感想を教えてね♪          複数選択は連続投票でどうぞ。

コメントは管理者のみ表示です。

Search by a keyword

twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。