Words and Feathers

ボカロ・旅行記・夢日記などつれづれに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スフィンクスコード 完結編・後編

※イベントが終了したので、開催期間中伏字にしておいた箇所を反転文字にしました。

思えば長いようで短い時間だったのかも知れません。
今年4月、初めて明治探検隊に挑戦し、これが4度目、
そして怪盗スフィンクスと決着をつける日がやってきました。

天気予報は曇りながら、暑い一日が予想された二週間ぶりの明治村、
いざ、ラストバトルへ・・・!


※以下、明治探検隊Ⅶ『スフィンクスコード』に関する記事です。
ネタバレや安易なヒントは無いように、注意して書いていきますが、
何も知らずにやる方が楽しめる、という方はお読みにならないで下さい。

前回すでにコードⅤに取り掛かっていたのですが、やはり手強い。
というか、これまでに比べて踏むべき手順が多いです。
コードブックに書かれた暗号を解いて、何かを見つけ出し、
見つけ出したモノとコードブック付属のモノを用いて、更にナゾを解き、
何かを探し出し、ナゾを解き・・・という具合。
(全部で幾つあるか、をはっきり書くこともダメ、なんですよね?)

これを、まっさらな状態で解読・探検するとしたら、相当難しいですよね。
もしもコードⅤが公開される前にⅣを終わらせていて、公開直後に挑んだなら、
とても一度のチャレンジでは解けそうも無いです。
私の場合は、コードⅢに挑戦中にコードⅣの手がかりを発見し、
コードⅣを探している間にコードⅤの手がかりを見つけて、という感じだったので、
ちょっとチートっぽいですが、効率は良かったのだと思います。

その分、暗号そのものの完全解読にチャレンジしていた訳ですけど。

さて前回、コードブックに書かれた暗号から見つけるべきものは、
偶然も含めてどうやら発見し終えていたようでした。
ただ、そこにダミーが含まれていないという保証は無かったので、
暗号の解読方法が正しかったかどうかの検証をして、
コードブック付属のモノと組み合わせて、第二段階のナゾを整理し、
それの目星をつけるところまで、自宅で予習・復習しました。

後は現地で、それが正しいかどうかを実際に確かめていくだけです。
(この『だけ』が非常に疲れるのですが。)
また、コードゼロ~Ⅴまでをコンプした人だけが出来る抽選があるので、
そのために入門編のコードゼロに今更チャレンジしました。
いやあ、もう初めから答え書いてあるようにしか見えない(笑)。

夏空

あまりに暑く、何度も休憩しつつの探索。
ラムネの冷たさと甘さが何よりの回復薬でした。

私「井戸とポンプのある場所を探さなきゃいけないんだけど」
妹「うーん・・・あ! あそこじゃない?」
私「あ、ほんとだ。あるある!」
妹「でもさ、この暗号だと土の像がここにあるはずでしょ?」
私「うん。でも無いねー」
妹「もしかして・・・これもダミー?」

そう、ヒントらしきものを発見しても、完璧に解読文にあてはまっていなければ、
本物かダミーかの区別が出来ないのです。
体力勝負のローラー作戦だけでは、罠に引っ掛かってしまう恐れが。
疑いつつも次の場所へ。

妹「あ、あそこにケモノ道出来てる」

ケモノ道=探検隊が通った跡(笑)。これも大きなヒントになります。
とりあえず探してみますが、特に何も発見されず。
過去の遺物だったか、とその場を後にしました。

見つけたいモノの半分まで見つけましたが、
「ここにあると思うけどな~」という場所で見つけたモノが、
いかにもダミーくさく、ちょっと煮詰まったところで正午に。

オムライス美味しかった

今回は浪漫亭の期間限定バジルソースオムライス&チキン。
バジル風味のクリームソースが美味しかったです。
食べながら暗号と発見物を見比べていると、突然閃いたことが。

私「この暗号が示してるのは、この前見つけてた『青=蒲郡』じゃないか!
  てことは、蒲郡絡みの場所を探せってことじゃない?」
妹「蒲郡? そこ関係の建物なんかないよ・・・あ、ある!
  この前あそこで読んだ解説文にその地名があった!」

妹ナイス記憶力。だって、それは地図には書かれていない設置物で、
当然その地名で調べても出てきません。その案内板を読んでいない限りは。

(後日譚:実は『蒲郡』と『汐留』または『門』、そして明治村の三語で検索すると、
その設置物一発でヒットするのです。なるほど!)

希望を持って食事を終え、それぞれの場所を確認します。
あるべき場所にあるべき物があると、本当にスッキリしますね。
そして更に暗号を解き明かし、最後の段階まで来ました。

甘夏かき氷

コードゼロの合格証ももらい、最後の探索の前にかき氷で休憩。
いやあ、リアル探検は疲れます。ホントに。でもあと少し!
ところで、コードⅤはカメラ無しでは解けないですね。
だってあんなの、手描きで写してたら、他の探検隊の人にメイワク・・・。
虫除けスプレーとデジカメ(携帯電話ので充分)は必須です。

これは、多分あの辺りかなあ・・・と検討をつけて行ってみるも、成果なし。
じゃあこっち・・・と移動してみるけど、やはりダメ。
ベンチに座り込んで、もう一度手がかりと地図を見比べてみます。

私「これ、このくっと曲がってるの線路じゃない?」
妹「そうだね・・・そう言えばそこにケモノ道あったじゃん!」

そう、午前中に見つけてたケモノ道。野性の勘は正しかったのです。
急いでそこへ戻り、もう一度よく探してみると、やはりありました!
これであってるよね、ダミーじゃないよね、トラップ無いよね、と確認しつつ、
答え合わせに行きます。結果は合格! やったー!
ついでにゼロ~Ⅴコンプの抽選にも挑戦し、ほくほくして半田東湯に行きました。
冷水足浴気持ち良かったー!

楽しかった!

6冊のコードブックと、コードゼロ合格賞のチーム・ワガハイワッペン、
コードⅤ三等賞のワガハイキーホルダー。
宝探しと言ったって、本当の宝物が手に入る訳じゃないですし、
それなりに時間とお金と体力が必要なのですが、
かなり楽しかったです。来年もあるといいなー。

イベント開催期間もあとわずか。公式の解答も待ち遠しいですね。
実はコードⅤで、ひとつだけよくわからない部分があったので。
あの「色」はどういう意味なんですかね(苦笑)。まさか地図記号?


読んで下さった方、拍手して下さった方、有難うございました!
開催期間終了後に、ネタバレ有りの感想を書くかもです。
探検隊の皆様もお疲れ様でした!
関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

W&F Counter

いらっしゃいませ!

番目のご訪問です☆

Posted Date

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Questionnaire

ブログの感想を教えてね♪          複数選択は連続投票でどうぞ。

コメントは管理者のみ表示です。

Search by a keyword

twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。