Words and Feathers

ボカロ・旅行記・夢日記などつれづれに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【翻訳裏話】チョコレイトとお人形【兼・反省会場】

ども! なずる☆です。
ひなた春花さまのお誕生日に合わせて、英語カバー動画を投稿しました。



作詞・作曲 ひなた春花さま (原曲ページへリンクします)

今回、このお人形の製作にかなり力を入れました。
基本のボディは、市販のぬいぐるみ製作キットを使いましたが、
髪型や衣装は、『でんこ』こと夏木こおりちゃんをイメージして、
元の動画の衣装に合わせて作りました。
実は、着せ替え仕様になっています。

アップ撮影

お洋服も靴も手袋も、全て着脱可能なのです♪

上から見たところ

この帽子を、どうやったら丸く仕上げられるか試行錯誤しました。
靴もですが、型紙がある訳でもないので、勘を頼りにするしかなく、
普段からお裁縫してるようなタイプじゃないので、難しかったです。
ぬいぐるみの作り方に「1mm幅の半返し縫いで」って書かれていて、
思わず途方に暮れる程度には、針使いに慣れていなかったので。

ちなみに、後ろの楽譜はドメカナ伴奏(耳コピ・手書き)です。
その下のお菓子模様の布地は、でんこのパンツになりました(笑)。

歌は相変わらずのスカイプマイクで、今回ノイズ多めだったので、
全体的に小さめの仕上がりになりました。
上手な人は、スカイプマイクだろうがPC内蔵マイクだろうが美声ですから、
道具は言い訳にならないです(苦笑)。発声の問題。

この曲については、リズムとメロディが英語にはまりそうな気がしたので、
いつか訳そうと思っていました。
一方で、この歌詞のポイントである『アイ』のダブル・ミーニング
(『愛』と『I』)は、そのまま英訳では表現できないので、
そこをどう表すか、がネックでもありました。

最初に訳が思い浮かんだのは、1番のサビ部分です。

My strong desire is out of control
And I know sometimes it hurts your feelings badly

次に、2番の同じメロディの部分。

My tongue is a disaster
It's a natural lier

歌のヤマの部分の訳詞で「コレだ!」っていうフレーズが出てきたら、
後の部分は少々字余りになっていても、それなりに形になってくるので、
頑張って全部訳してみることにしました。
ネックになっていたダブル・ミーニングの雰囲気や、繰り返し登場する言葉については、
1番と2番の同じメロディの部分で韻を踏んでみたり、
洋楽や英語での耳慣れたフレーズから引用したりして、工夫しました。例えば・・・

・3回登場する『始末の悪い・・・』
1番サビ My strong desire
2番サビ My tongue is a disaster
ラスサビ If your life is a disaster

・各サビの最後
1番サビ I still love it, sorry
2番サビ Too sweet for swallowing
ラスサビ And that's my "love" story

と言う感じで、微妙に似た単語を当てはめています。
同様に『溶けないで チョコレイト』と『解けないで おまじない』の箇所も、

1番 Don't take chocolate away
2番 Don't break the spell you cast on me

『take』と『break』を掛けてみましたが、どうでしょう?

Cメロ 『「アイ」を押し付けあって~』の部分は、
みんなが『愛』と『I(=エゴ)』を押し付けているという意味だと思いますが、
そこは「愛は一面的ではない(良い面ばかりではない)」という雰囲気で、

"All you need is love" but "Love is blind"

となりました。メロディに合わせて閃いた、という方が正確ですが。
"All you need is love" は当然、ビートルズの曲です。
そこから、Cメロの最後『その言葉』のところにも、
ビートルズの "The word" の歌詞を引っ張ってきました。

こんな風に工夫を凝らして(?)全体を訳したのですが、
何気に一番苦労したのが、一番最初のフレーズでした。

『きみの誕生日を手帳に書いたよ』

この『手帳』にどの英単語をあてはめれば良いか、結構悩んでました。
同じパラグラフで、『また惑わされているのね』の『また』を、
『あなたのいつもの手だよね』という雰囲気で表すため、
"same old" とか "typical" ではなく "classical" としたのは、
もちろんクラシック出身のひなたさんに掛けてます(笑)。

原曲の1番のAメロの歌詞は、本当にシンプルな内容なのですが、
『わたし』と『あなた』の関係性が凝縮されているのですよね。
この部分の英訳に際して、どんな言葉を加えて膨らませるか、
(英語詞は日本語詞に比べて、どうしても単語数が増えるので)
それ次第で、全体の流れが決まったような感がありました。
結果、動画に登場するでんこ(とでんお)のイメージは考えず、
純粋に歌から感じた女の子の印象で、訳を作ったつもりです。

ということで本当に長くなりましたが、ニコカラもあるので、
良かったら歌って、英語の語呂を楽しんでみて下さい!

チョコレイトとお人形 カラオケ


読んで下さった方、拍手して下さった方、有難うございました!
関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

W&F Counter

いらっしゃいませ!

番目のご訪問です☆

Posted Date

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Questionnaire

ブログの感想を教えてね♪          複数選択は連続投票でどうぞ。

コメントは管理者のみ表示です。

Search by a keyword

twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。