Words and Feathers

ボカロ・旅行記・夢日記などつれづれに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飽きっぽいなら変えればいいじゃない

何十年も生きてきて、ようやく悟りを開いたこと。

「私は飽きっぽい性格なのだ」

悟りというほどのことか、という話ですが、ちょっと聞いてください。
多くの飽きっぽい人は、割と劣等感を持っているのではないかと思うのです。
世の中(日本だけか?)地道な努力が出来る人を称えがちというか、
地道な努力という行為自体が、過剰に評価されていませんか?

もちろん、努力は素晴らしいことです。
もし私に子供が出来たら、真面目に努力出来る子に育ってほしいです。
それは、多くの成功は地道な努力があれば手に出来る可能性が高くなるからね。

でもね、努力は目的があってすることなのだから、
その目的を達成する方法は様々あって然るべきなのに、
なんかこう「つまらないことを繰り返す」ことが「努力」みたいな、
そういう思い込みがあるのです。私だけかも知れませんが。

だから、何かを繰り返して身に付けるという行為が出来ない自分を、
すごくダメな人間みたいに思ってしまうのです。
少し思い立って、何かを続けてみようと思うけど、やっぱり続けられなくて、
「ああ、だから私はダメなんだ」という気持ちになります。
多分、同じように感じてる人は結構いるんじゃないかと。

「飽きっぽい」というのは、褒められた性癖ではないかも知れませんが、
それも個性・・・と考えても良いじゃないですか?
それに、言い方を変えれば「こだわりが無い」というか、
私は悩むことにもすぐ「飽きてしまう」ので、
延々とうつ状態になったり、誰かを恨み続けることも無いので、
それって割と便利ですよね?

まあ、達成すべき目的自体に飽きてしまう傾向も否めないので、
確かに人生を無為に過ごしているかも知れませんが、
変に劣等感なんか持つより、開き直って自分に合う方法を考えた方が、
ずっと幸せな気がします。自分も周囲も。

「つまらないことが繰り返せない」なら「面白いことを色々」すれば良い。
飽きっぽさを逆手に取って、自分がやりやすいように努力の方向を変えれば、
案外目的は達成出来たりするし、
無理して「飽きっぽい性格を直そう(=自己否定)」とするより、
ずっと合理的ですよね。

でも「飽きっぽいところを直せ」とは言われても、
「飽きっぽいならこういう風にやってごらん」とは、あまり言われなかったなあ。
やっぱり、基本の教育理念が「飽きっぽさは矯正すべき」なんだろうな。

飽きっぽくたっていいじゃん(´・ω・`)
とりあえず人生は続けてるよ。

そういう訳で前置きが長くなりましたが、
「Tarzan特別編集 30日でキレイを作る くびれ&バスト」という雑誌、
ちゃんと30日やりましたよー。
毎日ひとつだけエクササイズ、毎日違うメニューを行うというトレーニングです。
30日分のメニューがあります。
30日で劇的に体型の変化があったかというと、そういうことはないですが、
そもそもそんなことはあり得ないので、別にいいです。
「これをやれば確実に痩せる」というトレーニングにすぐ飽きて、
1週間でやめてしまうよりは、30日続ける方が健康には良い。
繰り返しのトレーニングが嫌いな人には、向いていると思います。
表紙のおねーさんキレイだし。

※前回の記事に拍手コメ下さった方へ。

リンクミスのご連絡有難うございます!
最近は生活が単調なためか、記事の内容に変化が無いのが悩みですが、
ぼちぼちと続けていますので、また読んで下されば嬉しいです。
コメント有難うございました!


読んで下さった方、拍手して下さった方、有難うございました!
関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

W&F Counter

いらっしゃいませ!

番目のご訪問です☆

Posted Date

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Questionnaire

ブログの感想を教えてね♪          複数選択は連続投票でどうぞ。

コメントは管理者のみ表示です。

Search by a keyword

twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。