Words and Feathers

ボカロ・旅行記・夢日記などつれづれに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレンダーガール

今年と来年のカレンダー

年の瀬も近付いて、カレンダーやスケジュール帳売り場は大混雑ですね。
見本のカレンダーも、ボロボロになってしまったりして。

たくさんの綺麗な写真やイラストのカレンダー、
色んな機能や大きさのスケジュール帳、
どれを選ぼうかと悩んだりするでしょうか?
それとも、毎年同じものを継続しているでしょうか?

私は、部屋の壁掛けにひとつ、机の上に書き込み用をひとつ、
そしてスケジュール帳をひとつ使っています。
去年までは、必要以上にたくさん仕事先でもらったりしたので、
玄関やトイレにまでカレンダーを置いていました。
カレンダーとしてより、写真や絵を飾る代わりですけど。

今年壁掛けとして使っていたのは、ファッション誌の付録だった、
キャス・キッドソンのカレンダーでした。
テキスタイルの柄が印刷されたシンプルなものですが、
主張しすぎない感じがインテリアとして自然で、
地味に可愛くて、お気に入りでした。

来年も同じ付録があれば・・・と思ったけど、来年は無し。
それでカレンダー売り場で色々と見て回ったのですが、
綺麗過ぎる風景、過剰なフラワーアレンジメント、
カメラ目線の猫や犬、ひたすらメルヘンなイラスト、
人工的なガーデンの花々・・・。
どうしても、自分の中でしっくり来るものがありませんでした。
ウィリアム・モリスのテキスタイルを使用したものもあったけれど、
私の部屋には大きすぎたのと、デザインも重厚すぎて、どうも合わない。

そこでネットで探してみることにしました。
色んな画像を見る中で、ふっと心を惹かれたのがワイルドフラワーの写真のもの。
海外製作なので、休日が日本のものと異なるのですが、
鮮やかな自然の花の色からエネルギーみたいなものを感じました。
注文して届いたカレンダーの表紙を見るだけで、
何だか心の中が明るくなるような気がしてきます。
良いものに出会えたなあ、と嬉しくなりました。

机の上に置くのは、MOREというファッション誌の付録で、
ジェラート・ピケのテキスタイルのもの。
書き込み欄が少し小さいですが、用は足りそうです。
控えめな感じの方が、身近に置きやすいんですよね。

スペインの猫

もうひとつ、猫びよりという雑誌の付録のカレンダーも、
とても良いと思いました。
スタジオ撮影でなく、世界の行く先々で撮影した猫の写真で、
媚びない表情と日常の風景が素敵です。
こちらは2ヶ月毎のめくりなので、写真が少ないのと、
ちょっと小さめなのが残念ですが、どこかに飾ろうと思います。

どうして付録のカレンダーの方が素敵なんだろう?(苦笑)
感覚は人それぞれだと思いますが、よくあるカレンダーって、
写真家やイラストレーター、あるいはその被写体・画題の、
「オレを見ろ!」って主張が強すぎる気がするのです。
カレンダーという場を利用して、自分を表現しているのだから、
当たり前と言えば当たり前ですね。

でも、そういうものが狭い自分の部屋にずっといると、
何だか疲れちゃう気がしません?
わざとらしい表現ではなくて、「ちょっと綺麗な色でしょ?
あなたのお部屋に飾っとくと素敵かもよ。ふふっ」
くらいに、控えめかつスマートなカレンダーさんが好きです。

ちなみにスケジュール帳は、ミスドのスケジュールンを使っていたのですが、
来年のはデザインと色がポップすぎたので、
通販のオマケのスケジュール帳にしました。(やっぱりオマケかい←


読んで下さった方、拍手して下さった方、有難うございました!
関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

W&F Counter

いらっしゃいませ!

番目のご訪問です☆

Posted Date

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Questionnaire

ブログの感想を教えてね♪          複数選択は連続投票でどうぞ。

コメントは管理者のみ表示です。

Search by a keyword

twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。