Words and Feathers

ボカロ・旅行記・夢日記などつれづれに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A Witch Sleeps on a Hill

ひなたさんのお誕生日新曲。


A century has passed after your last sleep
And now I'm walking the world without you

There is no one who still thinks of you
There is no trace that you lived in the world

Even if I tried to dig up the remains of you
You were buried beneath the grassy rubbles

Over the desolate hill the wind blows, rustling

With no effort even to get the light
"Find me!" The voices ask for saving selfishly
Stupidly the witch tried to look for them
And then she slipped off the hooks on her own

There is no change of the world in the least
There is no progress of what people talk

End-timers and idealists are idiot
Blaming each other to die with, who cares

With too cozy flattering, the planet decayed

Though one tells oneself that for someone else
They steal a heart of gold for their own garden
Witlessly the witch always cared about them
In the end no one cared about her who died alone

Maybe no reason one's life is brought
"Yet still, there should be some reason to live"
Sadly the witch held her belief till the end
And still she sleeps in her dream on the hill


※英訳は歌唱用の意訳です。

...きみが最期の眠りについてから100年が過ぎた
そして今 ぼくはきみのいない世界を歩いている

きみを覚えている人はない
きみがこの世界に生きた痕跡もない

きみの身体を掘り起こそうにも
草と瓦礫の下に葬られている

無人の丘に 風が吹く そよそよと

明かりを灯すことさえせずに
"ぼくを見つけて"と自分勝手に救いを求める声
まぬけな魔女は彼らを探そうとして
ひとりで足を滑らせて死んだ

世界は少しも変わっていない
人々が話すことも進歩がない

終末論者も夢想家も馬鹿だ
お互い死ぬまで罵り合えばいい かまうもんか

馴れ合いの言葉で 朽ちた惑星

誰かのためなんて自分に言いきかせながら
彼らは人の思い遣りを盗んで自分の庭を守る
愚かにも魔女は彼らのことをいつも想っていた
そしてひとりで死んだ彼女のことは誰も想わなかった

...生まれてきた意味は多分なくて
"それでも何か生きる意味があるはず"って
かわいそうな魔女は最期まで信じてた
そして今もこの丘で 夢を見ながら眠ってる
関連記事

*Comment

NoTitle 

はじめまして。
最近ひなたびよりやpixivにぽつぽつと出現してます。ニナと申します。

私もレン君のナゾトキから入った者です。
…といってもブログに気づくまでに一年ぐらいかかりましたが(;_;)たくさんの考察、読みがいがあってとってもおもしろかったです。音楽的な事まで書いてあっていろいろ勉強になりました(> <)

都子さん→彩人先生説はすごく共感しました。   
ロジカップルで言うなら私はだんぜんハルカ×秋桜が好きですが(*^ ^*)
(あっ、でも蒼太×緋色も…)

実はドメスティック・カナリアの”君”は彩人先生と桜子ちゃんの二通り解釈かなあ…と思っていたのです。よかったらちょっとおきかえてみてくださいな♪

これからも更新楽しみにしています|▽・*)
  • posted by ニナ 
  • URL 
  • 2014.01/20 19:39分 
  • [Edit]

Re: NoTitle 

ニナさん、コメント有難うございました。
私のブログまでたどり着くなんて、相当ロジカリズムにのめり込んでいますね(笑)。
同じ作品のファンとして、考察読んで頂けて嬉しいです。

ドメスティック・カナリア、確かに桜子さんでもはまりますね。
あの曲が最初に公開された頃、叶くんとかはまだ登場する前で、
ミカミ・桜子がどういう経緯で、海謎での再会(お互い?子連れ)に至ったのか、
あまり情報が無かった気がします。
しばらく話が進んでから、以前の曲を聴いたり作品を読んだりすると、
ああ、ここはこんな意味だったのかなあと気付いたりして、楽しいですよね。

もし良かったら、また考察でも読みに来て下さいませ。
  • posted by なずる☆ 
  • URL 
  • 2014.02/03 03:12分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

W&F Counter

いらっしゃいませ!

番目のご訪問です☆

Posted Date

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Questionnaire

ブログの感想を教えてね♪          複数選択は連続投票でどうぞ。

コメントは管理者のみ表示です。

Search by a keyword

twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。