Words and Feathers

ボカロ・旅行記・夢日記などつれづれに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難しい(にゃ~)

ども! なずる☆です。
今日も指がかじかんでキーが打ちにくい・・・。

今とりかかっている英訳は大体完成していて、あと少しでアップできそうです。
英訳するときは、最初は自分のボキャブラリーの範囲内で訳していって、
辞書引いて単語探してフレーズ探して、文法間違いチェックして・・・という感じの作業です。

もちろん、常に歌いながら(笑)。
だから本当の最初は、歌を完璧に覚えるところからスタートです。
脳内オケで再生しつつ訳します。

最後のチェックは英英辞典とgoogle検索です(google翻訳じゃないです)。
自分の感覚で完璧と思っても、英語として間違ってることも当然あり。

今日知った、私の恥ずかしい日本語英語集。

1)その出来を一言で言うと
×To explain its work in a word →(多分)To put its work in a word

『explain』という単語は『詳細に話す』というニュアンスがあるようなんですね。
そうすると、一言で言ってしまってはいけない訳です。それじゃ説明になってないってことで。

2)私の真心を込めて
×with my true heart →(多分)with my whole heart

自分では全然問題ないと思ったのですが、念のためgoogleで『true heart』と検索してみると、
ヒットするのは日本語のページばかり。例のき○めんとか (ー_ーゞ
それで辞書で調べ直すと『one's whole heart』と出てきました。

heartについて英英辞典を読んでいると、どうも『大事なもの 真実 いつわりないもの』という
ニュアンスが含まれているみたいです。
だから嘘のheartは存在しないし、反対にtrue heartという表現も無いのではないかと。

日本語では『真心』と書きますが、英語的には『全部の心』なんですね。うーん。

※私は英語の専門家ではないので、この説明が正しいという保証はありません!要注意!

英語の先生に『英和辞書は使うな! 英英辞典を使え!』と言われてましたが、
確かに大事ですね。普段は面倒だから使わないですけど。

なんか、自分の英語レベルの低さをさらしてますが・・・わはは。
読んで下さってありがとうございました!
関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

W&F Counter

いらっしゃいませ!

番目のご訪問です☆

Posted Date

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Questionnaire

ブログの感想を教えてね♪          複数選択は連続投票でどうぞ。

コメントは管理者のみ表示です。

Search by a keyword

twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。