Words and Feathers

ボカロ・旅行記・夢日記などつれづれに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンクン1日目(続きその②)

今回こそ頑張ってカンクンにたどり着きたい(笑)。

さて夕食(?)も食べてしまったので、さっさと眠ります。
旅行先で元気でいるために、長距離便では機内での調整が大事です。
(ここで書くと長くなるので、また番外編で書きますね。)

あとは機内エンターテイメントの音楽じゃなくて、いつも聴いてる音楽を聴くようにします。
ノイズキャンセリング機能付きウォークマンだと、飛行中の轟音も少し和らぎます。
あとは耳栓もいいですね。

私が聴いていたのはこの方の音楽でした。
(大好きなので宣伝えへへ♪)

2~3時間うつらうつらしていると、今度は軽食(?)が運ばれてきます。

往路朝食

コロッケパンとバニラアイス。
ろくに動いてないのに全部食べちゃ・・・と思いながら完食。
ちょうどその頃、WC決勝トーナメント初戦がキックオフする時間になったので、
友人と祈りながら食べてました。

ちょうど現地時間でも朝になっていたので、そのまま起きていることに。
機材は新しくて、パーソナルエンターテイメント設備が充実してました。
映画もたくさんあって、日本映画・日本語吹き替え・日本語字幕のもたくさん。
見損ねていた『アリス・イン・ワンダーランド』を観ました。
・・・イヤホンのサイズが大きすぎて耳に合わなかった(涙)。

飛行機がUSA上空に来ると、長かったフライトもあと3時間くらい。
最後の食事が運ばれてきます。
12時間に3回食事って多過ぎない? いや、残せばいいんだけどさ。

往路昼食

私が食べたのはトマトソースパスタ。朝食というよりは、昼食ですね。

往路昼食2

友人が選んだのはオムレツ。列の頭の方だとちゃんと食事が選べます。

食事が終わると、入国審査に必要な書類が配られます。
CAさんは一人一人に確認はしてくれないので、
何も言わずに押しつけるか、何も言わずに立ち去るか。
自分で『ください』と言わないともらえないこともありますので、ご注意を。
書き終える頃、飛行機が高度を下げ始め、着席の案内が出ます。
いよいよ、ヒューストン。

ヒューストン空港の正式名称は
ジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル・ヒューストン国際空港』。
ここはコンチネンタル航空の拠点でもあります。
ターミナルEはまさにコンチネンタル航空の巣窟といった感じ。

機外に出てすぐ、携帯で試合の結果を確認しました。
見ることができなかったのが残念な、すごく良い試合だったのですね。負けちゃったけど。
二人で感動に涙ぐみながら、イミグレーションへ。

入国審査場は意外と空いていたので、ラッキーと思って空いている列に並びました。
ところが、ひとつ前の乗客の審査がいつまでたっても終わりません。
見回すと、どの列も全く進んでいません。
やがて係員が大声で『System is down!』(笑)
パスポートスキャンして情報を取り込む機械が、全部停まったようでした。
みんなが端末を再起動して、使えるようになるのを20分くらい待ちました。
ここで顔写真・両手の指紋を取られ、ようやく通過。

※乗り継ぎだけでも米国入国にはESTA申請が必要です!(2010年7月現在)
あと税関申告書も機内で書いて提出します。

ヒューストン

乗り継ぎのカンクン便は同じコンチネンタル航空なので、ターミナルの移動はありません。
もう一度出国審査場で手荷物と身体検査を受け、搭乗ゲートに向かいました。
搭乗まで1時間くらいありましたが、もう疲れているので何もせず、ソファで待ってました。
同じ便に乗るとおぼしき日本人は、私たち以外に3組ほど。
全員カップル。そりゃそーだ(笑)。

特大サンドイッチ

いかにもアメリカンサイズな特大サンドイッチ。ハムはさみ過ぎ。げふ。

化粧品自販機

化粧品の自販機。初めてみた。

CO764便 IAH 16:00発 CUN 18:05着 飛行時間2時間5分

定刻は上の通りですが、実際は30分ほど遅れて出発しました。
さすがにこの頃には疲れてまして、カンクン到着まで結構揺れた気がしますが、
ほとんど記憶無く寝落ちってました。
飛行機が大分小さくて3列+通路+3列。前後も狭くてちょっと窮屈。
一応飲み物と、例のプレッツェルがひとり2個ずつ出ました。

カンクン国際空港は、南国の小さな空港のイメージ。
小さな・・・ていうと語弊があるけど、那覇空港とどっちが大きいかなー?

到着すると入国審査の列が2つに分けられていました。
カンクンから出発するはずだったフェニックス行きの便がキャンセルになり、
いったん出国・搭乗ゲートに入った人たちを、再入国させていたのです。大変。

※メキシコへのいわゆる観光での入国はビザ不要です。滞在可能期間は調べてね!
(2010年7月現在)

ターンテーブルでドキドキして待っていると、無事スーツケースが出てきました。よかったー!
特に何も聞かれず税関を通り抜けると、ホテルからの迎えの人がたくさん立っています。
『日本人はみんな外で出迎えだよ』って言われて出ると、私の名前を持った人が立っていました。

雨のぱらつく外は暗く、生暖かい湿った強い風が吹いてます。
ちょうど数日前に低気圧がカンクンを通り抜け、それがハリケーンに変わったとか。
さっきのフライトキャンセルもそのせいだったのかも。
『明日からは天気が良くなるよ、きっと』と運転手さんが言ってくれました。
空港から30分ほど、カンクンのホテルゾーンに入ると私たちのホテルも見えてきました。

CasaMagna Marriott Cancun Resort

すごく人懐こいおじさんのベルマンが出迎えてくれ、ちゃっちゃとチェックインして客室へ。
部屋に湯沸しポットが無かったので、電話してお湯を持ってきてもらいました。
こういう時も、チップを渡したりするものなんですよね。
海外って、それが一番めんどくさいですー・・・。たまに忘れて『あっ』てなります。

荷物解いて、日本から持ってきたお茶飲んで、さっさと寝ました。
いよいよ!明日からカンクンの豪華リゾートライフが待ってます(妄想)。

という訳で、やっとカンクンまでたどり着きました。
読んで下さった方、ありがとうございました!
関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

W&F Counter

いらっしゃいませ!

番目のご訪問です☆

Posted Date

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Questionnaire

ブログの感想を教えてね♪          複数選択は連続投票でどうぞ。

コメントは管理者のみ表示です。

Search by a keyword

twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。